呑み切り

呑み切りとは貯蔵タンクの呑み口を開けて(呑みを切って)、タンクの中の酒の品質検査を行うことです。
花泉では冷房設備の整った貯蔵室と氷点下で管理できる特殊なタンクや冷蔵庫を併用して品質管理を行っております。
「呑み切り」ではそのような、市場に出る前の貯蔵中のお酒について、酒質の変化、熟成の進み具合などを、きき酒によりチェックします。

facebook「呑み切りが行われました」より)


PAGE TOP

error: Content is protected !!