手造りの業

手造りの業

伝統の「もち米四段仕込み」

花泉酒造では、全銘柄で「もち米四段仕込み」を行っております。
日本酒は通常、水、麹、米を3回に分けて仕込む「三段仕込み」で造られますが、その後さらにひと手間加え、蒸したもち米を熱いまま仕込む方法です。
昔から引き継がれてきた伝承の方法に、蔵人たちが年々、独自の進化を加えてきました。この業が、すっきりとしながらも優しい旨みとコクを持つ、花泉ならではの味わいを生みます。
かつては、多くの蔵で四段仕込みが行われていたそうですが、手間も費用もかかるため、しだいに辞める蔵が増えてきました。現在、全銘柄で「もち米四段仕込み」を行っているのは、弊社のみと言われております。

2019酒造年度醸造からは純米大吟醸、純米吟醸など一部の銘柄で
適温へ冷ましてから仕込む、新しい四段を行っております。
【伝統を継ぎ、進化する業】(facebookの投稿20191128へリンク致します)


PAGE TOP

error: Content is protected !!